エコな暮らし

白の塗料とハケ

人が住む家というものは、その家に住んでいる人を表すものでもあります。海外では建築物は芸術の一種ともいわれており、人生哲学を反映させるものとも捉えられてきました。その考えは地域や文化施設の設計で反映されるものでもありますが、今では一般の住宅にも適応されてきています。
その例として70年代から作られるようになったモダン住宅があり、三重でも今多くの住宅が残されています。現代的な設計とは無駄を省いたものでもあり、工業的なデザインが組み込まれているものです。そんな現代的な考えを反映できるモダン住宅であれば、見た目だけでなく機能も現代的にしたいというのが最近の現状です。
モダン住宅から発展した形式の住宅が、エコ住宅です。現代ではデザインの面白さだけでなく、地球に優しい暮らしができるような家の作りも求められており、三重をはじめ全国でそういったエコ住宅が作られてきています。

外壁塗装は一見モダン住宅やエコ住宅とは何の関係もないような感覚がありますが、実は密接に外壁塗装もつながっているのです。三重ではデザイン的にも機能的にも、技術の高い外壁塗装をしてくれる業者が存在しています。
エコな住宅にするための三重の業者が行なっている外壁塗装については以下の例があります。それは省エネ性能が付加されている外壁塗装です。今では遮熱塗料というものが外壁塗装には使われています。
モダン住宅やそれ以降の住宅にはコンクリート製などの家が作られてきていますが、そんな素材で作られた住宅であっても木で作られた家のように熱を遮ってくれる塗装があるのです。
遮熱塗料を屋根や外壁塗装に使うことで、室内温度が三度ほど下がるということで多くの住宅に使われています。