環境と色

レインボーな壁

自分の住宅なので自分の好きな色を外壁塗装では選びたいというのは当然のことです。そのため、ピンクが好きな人であればピンクの色を使って塗装をすることも良いことなのです。
しかし、家は景観の中にあるものなので、環境との調和も大事にしなければなりません。三重は特に遺跡なども多い環境です。大きな神社もあることから、環境に配慮した外壁塗装をするのは当然の流れになってきます。
また、費用的にも珍しい色は高いという事情もあるので、基本色から選ぶという人が多いのです。もちろん、周囲の環境が許すのであればどんな色にしても良いのですが、その時にもコツがあります。
色を付けたいのであれば少し濃い色にすると良いといわれています。例えばオフホワイトにするのであれば色味が微妙なので、調節するのが難しいです。陽の当たり方によっては真っ白に見えることもあるので、色を付ける時は濃い色にするのがコツなのです。

外壁塗装の色といえば四色です。三重の塗装業者でも多く扱われている色なので、どんな業者に頼んでも良いような色を選ぶと修正もしやすいのです。
外壁の基本色といえばベージュ、ブルー、グレー、グリーンという組み合わせがあります。一色で塗装をすることもありますが、ツートーンを使えばモダンな色合いになるので塗装によって個性を出すこともできます。
モダンな風合いを出したければグレー、クラシックにしたければグリーンというように、家の雰囲気によって合う色があるのも把握しておきましょう。